持ち物と服装・装備について

「月に35日雨の降る島」。これが本当か嘘かはさておき、屋久島は雨がよく降るのは事実です。さらにトレッキングツアーで訪れる山岳部は、標高の高い場所に位置しています。つまりその分、平地と比べて気温が低くなります。空港や港を降りたときは南の島でも、ツアーで訪れるところは雪国。そんなこともありうるのです。気象条件の厳しい中、最後に身を守るのは「良い道具・快適な服装」です。
余裕を持って、ご準備ください。相談にものりますので、気兼ねなく連絡ください。

持ち物について

●日帰りツアーの場合

◎:必ずお持ちください  ○:持ってくると便利です
※印:屋久島人にてレンタル可能(希望の方はご予約の時備考欄に品名と個数をお書きください。)

◎お弁当1日ツアーはご準備ください(アクア系除く)
◎雨具(レインウェアー)ゴアテックス等の防水浸透性素材の雨具。ビニール合羽は悲惨です!!
◎ザック(リュック)20L前後の手がフリーになるもの。肩下げカバンやビニール袋はご遠慮ください。
◎登山靴トレッキングシューズ・トレイルランニングシューズなど履き慣れた靴。
◎水筒500ml程度の水筒やペットボトルでも結構です
◎※ヘッドランプ(ライト)縄文・黒味などのロングコースは必需品。その他もコースも便利!!(予備電池もね!!)
◎お薬常備薬や酔い止めなど
◎保険証もしもの為です。コピーでも結構です。
○ジップロック雨対策に最適!!何かと重宝します。カメラを入れたり、携帯電話を入れたり・・・
○折り畳み傘食事のとき便利です。歩いている最中は、基本的に使いません。
○タオルこれもあると便利です。
○帽子日よけや雨よけなどにも使えます。
○お菓子楽しい1日にはおやつも大事!!
○虫除け・日焼け止め6~10月頃。夏のカヤックは、日差しガンガンです。お肌が気になる方は必携!!
○手袋軍手は濡れると使えません。100円ショップの化繊手袋が結構使えます!!
○※防水バック雨対策には最強です

●宿泊ツアーの場合

日帰りツアーに加えて下記のものをご用意下さい
※印:屋久島人にてレンタル可能(希望の方はご予約の時備考欄に品名と個数をお書きください。)

◎お弁当1日目の朝食・昼食をご準備ください
◎※ザック40L前後。できるだけ持ち物を吟味したほうが楽です。
◎※シュラフ(寝袋)寝るためのいわば布団です。
◎※マットゴツゴツした地面や冷気から身を守ります。
◎着替え下着や靴下など最低限のもの。あれもこれも持っていくと、重くなります。雨の日は必須。
◎防寒着6月~9月は薄手から中厚手のフリースやダウンジャケット/その他のシーズンは厚手のフリースやダウンジャケットと毛の帽子やネックウォーマー
◎トイレットペーパー食器拭きにも使います(ジップロックで必ず濡れないようにしてください)

服装・装備について

ジャージなど動きやすく、速乾性に優れた服装がお勧めです。ジーンズや綿の服は乾きにくく、体力の消耗を招きます。

●夏季 6~9月頃

1年で1番暑いシーズンですが、濡れると体が冷えるので速乾性の着衣がベスト。虫や日焼けが気になる方は、薄手の長袖もおススメです。

上着半袖TシャツでOK。虫・日焼けが気になる方は薄手の長袖。いずれも速乾性のものがオススメ!!
ズボン登山用ズボンやジャージなど。ジーパンなど濡れたら乾きにくい素材や動きにくい素材のものは避けてください。
宿泊系ツアー上記の服装の他に薄手のフリースかダウンジャケットをお持ち下さい。宿泊予定地は標高が高く朝晩は冷え込みます。
アクア系ツアー水着を着用の上、上下長袖の速乾性の服を着てください。雨具も有効です。

●春・秋季 4~5月・10~11月

その日の天気によって、暖かかったり寒かったり変化します。臨機応変に対応できる準備をしたほうが、無難です。

上着長袖シャツやナイロンジャケット+薄手のフリースなど
ズボン登山用ズボンやジャージなど。ジーパンなど濡れたら乾きにくい素材や動きにくい素材のものは避けてください。
宿泊系ツアー朝晩はかなり冷え込むことがあります。厚手のフリースやダウンジャケットなど。上下アンダーウェア(これがあるだけでだいぶ快適!!)。ユニクロでもOK
アクア系ツアー水着を着用の上、上下長袖の速乾性の服+フリース+雨具をご準備ください。

●冬季 12~3月

寒いです。冬型がバッチリ決まったときは、雪が降ります。服だけでなく、手袋・ネックウォーマー・ビーニーなど、体を冷やさないようご準備ください。

上着中・厚手のフリースやセーター、プラスダウンジャケットなど
ズボン登山用ズボンやジャージなど。ジーパンなど濡れたら乾きにくい素材や動きにくい素材のものは避けてください。
宿泊系ツアー上下アンダーウェアも必ずご用意下さい。ユニクロでもOK
マフラーフリース素材のネックウォーマー(首巻き)が濡れても使いやすいです
帽子ニットやフリース素材のビーニーがおすすめ

エコツアーガイドコースの一覧

▲TOP