P8110058 (2)

お久しぶりです。
山の日に屋久島に現れた噂の妖精、もとい‥もののけ、いや!妖精のHです。
8.10-11で参加した縄文杉1泊2日ツアー、その節は大変お世話になりました。

過酷な道のりなんだぞ、ホンマに大丈夫か、覚悟して来いよと言われたにも関わらず(実際そこまでは言われてませんが 笑)、身体づくりも殆どしなかったことは秘密にして、期待8割、不安2割で臨んだ当日。

きれいな緑、立派な木々、澄んだ空気、心身の疲れを癒しくれる水。

太鼓岩では屋久島の山々を眺めれただけでなく、虹が出るという奇跡のタイミング(日頃の行い‼︎)

休憩でおもてなししてくれた、美味しいご飯とお酒
美味しかった鯖節の和え物、温かい雑炊、奥さん手作りのグラノーラ
雨の山道の中、歩きながら感じたワインの香り
トロッコ道で食べた、でかいパン‥
どれもが疲れた身体に染み渡る、幸せのメニューでした。

水柿さんのテントが離れてて、夜の女子会トークに参加できなかったのが、1番悔やまれているのでしょうか‥笑

そしてやっぱり一番は縄文杉。
私は2回目ですが、個人的な思いもあるのでしょうが、今回の方が感慨深さを感じました。

途中、雨に降られ、歩く距離よりも雨の山道を歩くことの方が不安でしたが、そこはやっぱり屋久島。飽きずに嫌なことは1ミリも感じずに、往復20時間も歩くことが出来たのは、屋久島の生命溢れる不思議な力なんだと思います。

さらに水柿トークに乗せられ、楽しく歩いた道のり。

メンバーにも恵まれ、いい2日間を過ごすことができました☆

鹿児島では、教えていただいたお寿司とかき氷、食べましたよ♪美味しかったです。

ちょいちょい、内輪話を盛り込んだコメントになりましたが、楽しいツアーでした。
まだ体験していない屋久島を、またいつか見に行きたいと思います‼︎

本当にありがとうございました。
また会いましょう!

P9030050 (2)
「9月3日(出発)一泊二日縄文杉B」

今回一泊縄文杉をご一緒したのは、
高校時代の同級生3名様。

実は昨年もご予約を頂いていたのですが、
台風到来でフライトキャンセル。

そのリベンジで今年も屋久島旅行を企画していただきました。

P9030052 (2)
目の前に広がる景色に・・・、って弱冠一名余裕なし!
かな~り勇気を振り絞って、太鼓岩で1枚。

頑張った!!

P9030053 (2)
白谷雲水峡、もののけの森(苔むす森)・太鼓岩を越えて、
いよいよ縄文杉トロッコ道へ合流です。

ここでようやく本日の半分を終了。
まだまだ皆様の表情にも余裕があるかな?

...continue reading 全力投球!

P7290124 (2)

今回は私達家族のガイドをしていただき、ありがとうございました。
私たちは4人家族[40代夫婦/中学2年(男)/小学4年(男)]で縄文杉日帰りツアーに参加しました。
「屋久島人」さんを選択した決め手は、家族貸し切りがあったことことでした。

どのツアー会社を見ても、子供は10歳前後からの受付となっていて、
うちの小学4年の子供でもなんとか一緒に行けるかな?と思っていたのですが、
なにぶん普段の様子を見ていると、他の参加者に迷惑がかかるのは必至。

そんなところに家族貸し切りのツアーもあることを知り、
「ココなら家族で楽しめるかも」と、すぐに申し込みを決めました。

雨が月に35日降ると言われている屋久島で、好天に恵まれたのはとてもラッキーでした。
さぁ世界遺産トレッキングの始まりだ!とスタートしようとした途端、
小4(男)が当日履いていた靴下が気に入らず涙を浮かべて怒っていました。
細かいことを気にする小4(男)なのです。
貸し切りツアーであることに、スタート直後にものすごく感謝しました。

その後なんとか歩き始めると、水柿さんのリードもあり機嫌は直っていました。
こんな私達家族だったので、また子供たちが嫌になったりしないだろうな。と
不安と楽しみたい気持ちで私は最後尾を歩き続けました。

縄文杉まで6時間かかりました。
子供たちは私の心配を裏切り、楽しく縄文杉まで歩き続けました。
実のところ心配は私の方の体力でした。途中からは水柿さんと同じペースで歩く子供たちに着いていくのがやっと。
満身創痍で縄文杉を拝みました(笑)

体力の限界を知ったツアーでしたが、子供たちのたくましさを知ることができた、
「家族史」に残る記念すべきツアーになりました。

ツアーから早くも一ヶ月が経ち、日常生活に戻りました。
ツアー直後は「しばらくトレッキングはいいや。」と思っていましたが、
屋久島がTVに映る度に、屋久島に行ってみたいと思い始めています。
何年後かに再び家族で「屋久島人」のツアーに参加できる日を夢見て、
「三岳」で屋久島気分を味わっています。

DSC04112

5/28 縄文杉ツアーでお世話になりました三間です。
今回の旅のメインイベント縄文杉ツアー
気候もよく、水柿さんの案内も素晴らしく、
最初から最後まで楽しく過ごすことができました!
ありがとうございました!!
夜は星空鑑賞を諦めきれず、少しだけ海岸の方に行って空を眺めてみました。
雲はありましたが、なんとか見れましたよ。
翌日はバッチリ筋肉痛でしたが、
早起きして白谷雲水峡に行ってきました。
時間の都合で3時間半ほどの滞在でしたが、
縄文杉とはまた違った魅力を感じることができました。
トレッキング中に撮った水柿さんの写真と、
縄文杉の(写真の)前でみんなで撮った記念の一枚と、
白谷雲水峡に行った証拠写真(?)を送ります。
よかったら見てください。

P8110057
「8月10日(出発):一泊二日縄文杉コースC」

台風5号の影響も心配された屋久島ですが、
白谷雲水峡と縄文杉コースは特に被害もなく一安心。

残念ながら屋久島旅行を大幅に変更せざる負えない方も多くいた中で、
まずは無事に屋久島in。

そんな幸運をお持ちなラッキーガールの面々は、
学生時代からのお友達H&Aさんと女性一人旅のK&Gさん。

P8100037 (2)
しょっぱなからこんな感じで、かな~り意気投合。
苔むす森に「もののけ」・・・、失礼、妖精が現れました。

P8100042 (2)
太鼓岩の上でも、こんな感じ↑。

ときおり虹も現れて皆様大興奮。
(もっと雲のとれた写真もあるのですが楽しそうなのでチョイス)
 ...continue reading そういえば山の日だった

InkedDSC_0936-1_LI
屋久島人。
水柿様
真辺様

こんばんは。
先日お世話になりました、Eです。

知識豊富な真辺さんのおかげで、屋久島のこと、たくさん知ることができました。
12年前に来たときは日帰りということもあり、歩くことで精一杯でしたが、
今回はゆとりのあるコースだったおかげで、屋久島を満喫できました。

それから食欲旺盛な私たちにとって、真辺さんの用意してくださった、
ご飯が美味しくて忘れられないです。

もちろん、代表と飲んだお酒も!
奧さまお手製のバナナケーキも!
ご馳走さまでした!

御礼のメールが遅くなりまして失礼いたしました。
また屋久島ぜったい行きたいです!

M・Eより

 

P8240224 (2)
8月24日縄文杉ツアー

ブログの更新も久しぶり、そして縄文杉の案内も久しぶりな水柿ですが、
今回は同級生女子お二人H&Hさんと、ぷら~とっ旅のSさんの3名様と縄文杉目指してきました。

P8240225 (2)
2週間ぶりに縄文杉コースに来ましたが、
日の出の時刻もだいぶゆっくりとなってきましたね。

登山口で朝食を食べるときには、
ヘッドライトの明かりが必要となってきました。

P8240226 (2)
出発前にSさんのレンタル品のストックが、ポッキリ。。。
いきなりのハプニングでしたが、気にしない、気にしない。。。

...continue reading 久しぶりすぎちゃって。。。

P7230031 (2)
「7月23日(出発):一泊二日縄文杉コースA」

今回縄文杉目指して頑張って歩いたのは、
埼玉からお越しのKさんファミリー。

おじいちゃん・お母さん、そしてYちゃんとMちゃん姉妹の4名様。
7歳から74歳、3世代登山にガイド2名体制でサポートさせて頂きました。

P7230049 (2)
「怪獣ガオスのMちゃん。。。」

途中何度何度も修羅場がやってきましたが、
何とかその都度みんなの頑張りでクリアー。

トロッコ道では「厳しいかな~」なんて途中リタイアも考えましたが、
登山道に入ってからは快調に足が前に進みます。

...continue reading 3世代登山

P7040006 (2)
「7月4日(出発):一泊二日縄文杉B」

今回ご一緒したのは、学生時代からの友人4名様。
梅雨の影響が終わりかけたかと思ったら、今度は台風の発生。

台風本体はありがたいことに屋久島から離れていたのですが、
端っこがかかるみたいで雨雲レーダーと睨めっこ。

猛烈な雨雲がどうも通過するらしい。

ガイドとして安全第一を考えて、
とりあえず出発を遅らせ様子を見ることにしました。

P7040008 (2)
9時にホテルフロントで再集合、
雨雲が通過したことを確認し出発することに。

荒川登山口を歩き始めた10時には、
薄雲の間から時折青い空が顔を覗かせていました。

それでもトロッコ道の至る所に、
大雨の痕跡が・・・。
 ...continue reading いろいろありました。。。

P6080086 (2)
「6月8日縄文杉・6月9日カヤック(半日・午前)」

縄文杉と安房川カヤック、2日間ご参加いただいたのは、
大分ご出身のご姉妹・I様。

5人兄弟と大家族ならではのお話をお聞きしながら、
2日間楽しく過ごさせていただきました。

P6080098 (2)
空梅雨で雨が恋しくも感じていた6月初旬~中旬。

例年だったら汗だくになりながら歩く縄文杉コースも、
ヒンヤリ涼しさを感じながらの快適登山。

いつもこんなんだったら、なんて楽・・・、
とまではいきませんが、ここまで雨具を使うことが無かった6月なんて、
15年の屋久島在住で初めてなんじゃないでしょうか。

そんな縄文杉コースでお姉さまは行きも帰りも快調・元気いっぱい。
私と二人でブラックトークバトルを繰り広げていました。

それでも6月の縄文杉は我々を静かに待ってくれました。
お二人は縄文杉を見ながら何を考えていたんでしょうかね。

 ...continue reading 5人兄弟