P8030174 (2)

8月5日~6日にかけて、
台風5号が屋久島地方に最接近いたします。

断線などによりお電話が繋がらないことや、
停電などによりメール返信にお時間を頂く場合がございます。

メールなどの返信は復旧次第対応いたしますので、
大変恐縮ではございますがご容赦ください。


ちなみに写真はカヤック+沢登りにご参加いただいたWさん。
詳しくは後日アップします!


屋久島人。
水柿 英徳



P7260086 (2)
「7月26日:カヤック+沢登り」

今回ご一緒したのは京都からお越しのTさんファミリー。
1週間ほどのロングバケーションの締めに、
カヤックと沢登りの川遊び満喫コースを選択。

午前中は安房川の緩やかな流れの中、
まったりカヤックを漕ぎあがります。

P7260088 (2)
午後は河川を変えて、いよいよ本格的な水攻めの時間です。
まずは火照った体を冷やすところから・・・

P7260091 (2)
N君、真剣な表情です。
激しい?流れも、お父さんと一緒だったら大丈夫!
 ...continue reading やっぱり川遊びだね!

P7230031 (2)
「7月23日(出発):一泊二日縄文杉コースA」

今回縄文杉目指して頑張って歩いたのは、
埼玉からお越しのKさんファミリー。

おじいちゃん・お母さん、そしてYちゃんとMちゃん姉妹の4名様。
7歳から74歳、3世代登山にガイド2名体制でサポートさせて頂きました。

P7230049 (2)
「怪獣ガオスのMちゃん。。。」

途中何度何度も修羅場がやってきましたが、
何とかその都度みんなの頑張りでクリアー。

トロッコ道では「厳しいかな~」なんて途中リタイアも考えましたが、
登山道に入ってからは快調に足が前に進みます。

...continue reading 3世代登山

P7130003 (1)
「7月13日:沢登り(半日)家族貸切パック」

いよいよ梅雨明け宣言が出た屋久島(九州南部)。
待ち焦がれていた夏の日差しを浴びながら、
沢のヒンヤリとした水でクールダウン。

「夏は沢登りが最高です!!」

ということで、今回屋久島で沢登りに挑戦していただいたのは、
アメリカから一時帰国中のYさんご一家。

P7130005 (1)
ちょっとしたプチボルダリングに飛び込み台。
泳いで突破したりと、次から次へと課題をクリアー。

全身を使って頭も使う?

ただ危険な個所もたくさんあるので、
お父様お母様にも協力をして頂きながら安全第一が基本です。

P7130011 (1)
ちょっぴり寒くなってきたけど「まだやるー!」の一言で、
続行することに。。。

最後は天然プールでまったり、ぷかぷか。

屋久島旅行一番の思い出、になったかはわかりませんが、
楽しい家族旅行の思い出はお持ち帰り頂けたかと思います。

いよいよ夏本番、
屋久島の夏は沢登りがおすすめです!

Mちゃん・S君、
またいつか屋久島でお逢いするのを楽しみにお待ちしていますよ。

ありがとうございました!


P7070031 (2)
「7月7日:カヤック+沢登り」

まだまだ天気が安定してくれない屋久島ですが、
気温はバッチリ夏の暑さで川の水の気持ちの良い季節になってきました。

そんな夏の屋久島を狙って来島されたのが、
中学?からの同級生N&Tさん。

P7070033 (2)
Tさんは3度目の来島とのことですが、
夏の屋久島は初めて。

今回はいままでトライしなかった「川遊び」を目一杯1日遊び倒すために、
「カヤック+沢登り」を選んで頂きました。
 ...continue reading 屋久島も川遊びのシーズンです!

P7040006 (2)
「7月4日(出発):一泊二日縄文杉B」

今回ご一緒したのは、学生時代からの友人4名様。
梅雨の影響が終わりかけたかと思ったら、今度は台風の発生。

台風本体はありがたいことに屋久島から離れていたのですが、
端っこがかかるみたいで雨雲レーダーと睨めっこ。

猛烈な雨雲がどうも通過するらしい。

ガイドとして安全第一を考えて、
とりあえず出発を遅らせ様子を見ることにしました。

P7040008 (2)
9時にホテルフロントで再集合、
雨雲が通過したことを確認し出発することに。

荒川登山口を歩き始めた10時には、
薄雲の間から時折青い空が顔を覗かせていました。

それでもトロッコ道の至る所に、
大雨の痕跡が・・・。
 ...continue reading いろいろありました。。。

2

P7020007 (2)
「7月2日:白谷雲水峡」

本日ご一緒したのは、
関東からお越しの「パンケーキ」がご縁でお友達になった4名様。

翌日が縄文杉とのことでご希望で早めにお迎えに上がったのですが、
のんびりし過ぎだぞ!!ってな感じで進まない、進まない。。

でもいいんです。

やっぱり白谷はゆっくり楽しみたいところですから。

P7020002 (2)
梅雨末期の絶望的な天気から一転、
青空広がる夏の空へと一気に季節が移り変わります。

ずーと独り占めしたい景色に、気が付くと笑顔がこみ上げてきます。
太鼓岩からの絶景に心が弾みますね~。
 ...continue reading パン友

P6080086 (2)
「6月8日縄文杉・6月9日カヤック(半日・午前)」

縄文杉と安房川カヤック、2日間ご参加いただいたのは、
大分ご出身のご姉妹・I様。

5人兄弟と大家族ならではのお話をお聞きしながら、
2日間楽しく過ごさせていただきました。

P6080098 (2)
空梅雨で雨が恋しくも感じていた6月初旬~中旬。

例年だったら汗だくになりながら歩く縄文杉コースも、
ヒンヤリ涼しさを感じながらの快適登山。

いつもこんなんだったら、なんて楽・・・、
とまではいきませんが、ここまで雨具を使うことが無かった6月なんて、
15年の屋久島在住で初めてなんじゃないでしょうか。

そんな縄文杉コースでお姉さまは行きも帰りも快調・元気いっぱい。
私と二人でブラックトークバトルを繰り広げていました。

それでも6月の縄文杉は我々を静かに待ってくれました。
お二人は縄文杉を見ながら何を考えていたんでしょうかね。

 ...continue reading 5人兄弟

P4030021 (2)
水柿様

6月2日は11時間という長い時間、お世話になりました。

楽しいお話や厳しい!!お話、色々ありがとうございました。

そのおかげで11時間モチベーションを保てたのだと思います。

昼食の時のコーヒーとケーキの美味しさは忘れられません。

筋肉痛で翌日は大変でしたが、今はいつもの忙しい仕事に戻っています。

どうぞお体に気をつけてこれからも多くの方々の夢をかなえてさしあげて下さい。

奥様にもケーキのお礼をお伝えだください。

6月6日
笠原

P6060045 (2)
「6月6日(出発):一泊二日縄文杉コースA」

週間予報はいつ見てもこの日程だけ、雨。
まっ例年だったら梅雨のど真ん中だし、雨でも仕方ない。

って思っていたのですが、お二人の思いが天に通じたのか、
結局最後まで雨具を着ることもなく2日間を平和に過ごしました。

P6060050 (2)

そんなおそろいの服で参加いただいたのは、今回が新婚旅行のTさんご夫婦。

当店としても梅雨のこの時期でもありましたので、
臨機応変に対応するために心ばかりですが貸切対応とさせて頂きました。

 ...continue reading 動物好きにはタマラナイ?