晩秋の黒味岳【屋久島人ガイドツアー】

pb150070「11月15日:黒味岳」

久々の黒味岳をご一緒したのは、
沖縄からお越しの同級生M&Mさんとわたくし水柿の3M。

霧が濃く、時折パラパラっと降る雨を感じながらスタートした登山口でしたが、
小花之江河に到着する頃にはお日様が顔を覗かしてくれました。

pb150075

遠くに見える黒味岳山頂に、また心が高揚し足取りを軽くします。
当たり前ですが、やっぱり晴れた方が気持ちがいいですねー

絶好の登山日和!

と思っていたのですが、宮之浦岳方面から下山してきたガイド仲間をみると、
雨で全身ビチャビチャになっているし・・・(一瞬汗かとも思ったけど・・・)。

pb150102

気を取り直し黒味岳山頂まであとちょっと、というところまで来たのですが、
何やら山頂付近に不穏な雲が。。。

pb150113

残念ながらあと一歩及ばず、
山頂からの景色はほんのちょっとの時間だけ。

それよりも突風が吹き荒れ一気に寒くなったので、
山頂を一度下り風を避けながら昼食&おやつタイム!

その後1時間ほど粘ったのですが、
お天気の回復が見込めなかったので下山することに。

(どうもこの日は縄文杉コースではそれなりの雨が1日降っていたみたいです)

pb150063

淀川の清らかな水面も、
紅葉を反射しまた夏とは違った幻想的な印象を与えてくれます。

そろそろ紅葉もひと段落し、いよいよ屋久島山岳部も冬の到来です。
今年の冬はどんな景色が待っているのでしょうか。

また季節を変えて屋久島にお越しください。
待ってますよー

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)